FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
最近のトレーニング
 ことにし入ってから、内容のほとんどは、調律だったと思います。

 これは私にとってとっても大きい出会いだったので。

 でも、最近のトレーニングもちょっと書こうかと思います。

 今、力を入れてるのは、点描写とか点つなぎのトレーニングです。
 ブログでげんママがすごくいいと書いてました(ピグマリオンの点描写をげんちゃんはしています)けっこう前から。でも、フーン、いいんだね。と思ってるだけだったのですが、ここ二ヶ月ぐらいまえから、急に、自分のなかで点描写をやろうと決めてやっています。ビジョントレーニングの本でも有効なトレーニングとして点描写のことも書いていたし、以前やっていたハッピータイムの課題の中にも点描写のトレーニングはあったのですが、まったく歯が立たなくて。manaにしてみたら何のことかまったくわからない。というかんじで教えようもなかったんですよね。

 それで今回は自分で三点×三点の課題を5枚ぐらいつくって、それを何度もやらせて、今やっと4点×4点の課題をやらせてます。

 これねぇ。やらせてみたらいいです。もっと早くやらせてればよかったのに!!という感じです。

 漢字を書くのに字をバランスよく書くのが難しい子とかにも有効みたいです。

 4×4のプリントは

幼児の学習素材館  http://happylilac.net/yozi-zukei-ten.html

 にたくさん入ってました。おすすめです。

 なにがいいって、一つの課題を何枚もプリントアウトできるのがいいです。

 一課題 10枚プリントとかしてます。それで、最後のほうでなんとかできるようになる。とか。それだけやってもできないものもある。というかんじですが。

 おすすめです
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

[2013/08/08 18:17 ] | 教材 | コメント(8) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます
 あけましておめでとうございます
 今年もよろしくおねがいします

 年初めいっぱつめはこれです。

 かんじはかせ

 あきびんご先生の漢字博士

 ちょうど漢字に興味をもっていて本屋でたまたまみつけた漢字博士

 おなじ漢字をみつけて○をつけるというドリル。
 人 女 子 口 男 など漢字が紙面いっぱい書かれています。
 同じ漢字が二つづつ紙面にバラバラに書いてあってそれをさがして○をつける。
 ぜんぶ○つけおわったらおしまい。タイムをはかるとゲーム感覚でできるというドリルです。

 以前エジソンのA先生にひらがなの へ が書けない。といったところ、視野が狭いのではないか。という指摘があって、ホワイトボードに数字を1から10までバラバラにかいて、順番に○をつけさせる。ひらがなでも漢字でもいいし、そういうトレーニングをしたほうがいいですよ。とご指導いただいたときがありました。しばらくやってたんですけど、すっかり忘れてて・・・

 これをみたとき あぁー、あのトレーニングができるドリルだぁ。しかも、今、興味ある漢字だぁ。ということで手に取りました。

 このドリル、トレーニングができて、おまけに漢字だしと思ってたんですけど、もう一つ効果をかんじます。

 これ、やらせると脳が動く感じだするんです。

 脳のウォーミングアップにいいというか・・・

 ワークブックしようよ。と誘っていやがったとき、先にこれやらせると、やる気ゼロなのがちょっとあがってくるというか。(ポイントはストップウォッチで時間をはかること、そしてはやくできたらめいっぱいほめること)ランニングしたあとには遠く及ばないですが、これはなかなかいいと思います。

 これいろいろでてて

 これも買っちゃいました。

 たべもの博士

 たべもの博士 これも同じです。たくさん食べ物が書いてあって、そのなかから二つ同じものをみつけて○つけていくという、Mana食べ物大好きなのでいいかなと。

 たべもの

 あぁ、写真わかりにくいですね。すいません。でもすごく美味しそうなんです。

 「ママ、なにたべたい?」「私はたらこ」「私、納豆」 
 とかいってやりおわったあともたのしいですよ。

 おすすめです。
 

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

[2012/01/03 13:58 ] | 教材 | コメント(1) | トラックバック(0)
もっとはっぴいタイム
 現在、七田と主婦の友共同開発の教材、もっとはっぴいタイムをやっています。以前は、はっぴいタイム2歳から4歳向けをやっていて、もっとはっぴいタイムは5歳児から向けのものです。
 
 どんなかんじかご紹介したいと思います。

 まず、DVD

 もっとDVD

 七田ということで右脳を強化することで右脳左脳とバランスよくつかえるようになりかしこくなる。というコンセプトなので、しまじろうのような物語性があまりなく、短くいくつかの項目を行っていきます。
 たとえばドッツ、漢字、英語、たしざん九九(これは一月に一段づつやっていって12ヶ月でたしざん九九終了)というかんじ。漢詩。他いろいろその月々でかわっていきます。 
 漢詩なんて、今、この時期?というかんじですが、歌と踊りに合わせて何度も聞いているうちに覚えてます。意味とか理屈とか関係なく入るんだな。と思いました。とにかくなんでも入力させれば右脳が強化する。その実践なのだと思います。

 そしてワークブック

 もっとワーク

 Manaははっぴぃタイムからやっているのでワークブックをやるのは習慣になっているので、やらせるのに苦はないです。以前、もっとはっぴぃタイムの紹介を読んで、あー、わかるっ。と思ったのが、はっぴぃタイムは直球でもっとはっぴぃタイムは変化球という文章で、問題をきちんと読まないと、間違うんです。今日、やった問題も
「ぎゃくにすうじがならんでいるものに○をしなさい」というのがあって、いままでだったら、「順番にならんでいるものに○」という問題だから、おぉ、変化してる。読み取らないと。という感じです。

 あとは、すごろくパズルなどの教材つき。ということで、まだ、やってなかったり、できなかったりということです。教材が悪いとかではなくて、そこまでManaがいきついてないという感じです。はいっ。
 でも、今ごろ夢中ではっぴぃタイムの絵本をむさぼるように読んで、読んでというかもう覚えて読んでるので、いつか楽しくやるときがくるでしょう。

 楽しく安価で七田の教材でバランスよく学べるのでお勧めだと思いますよ。

 
 
 
 

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

[2011/11/30 21:47 ] | 教材 | コメント(5) | トラックバック(0)
さようなら はっぴぃタイム
去年の11月からはっぴぃタイムという通信教育をしていました。
 七田の教育を安価で、というかんじで自分で七田の商品を選んで購入もしてましたが、全体的な教育をバランスよくできたらいいよな。と思いはじめました。

 二歳から四歳向け はっぴぃタイム 五歳から もっとはっぴぃタイムとあって年齢的に考えたら、もっとはっぴぃタイムなのですが、まあ、中身を考えて はっぴぃタイムを選択。それでちょうどよかったです。

 月一回 DVD、絵本、ワークブック2冊が届きます。

 まず、DVD
 
 DVD.jpg

 フラッシュ、ドッツフラッシュ、ひらがな、漢字、カタカナ、音符、時計と盛りだくさんでした。
 最初けっこうむりやり毎日みてましたが、最後のほうは無理強いせずにすきなものだけみせてました。
 というわけで最後のほうドッツやひゃくだまそろばんをみてません。
 それをみてほしかったのに

 次に絵本

 えほん

 この絵本が、また面白い。
 本屋とか図書館にあったらまず手に取らないセレクションというか
 特許とかハワイのはなしもハワイでの旅行の話ではなくて、ハワイにつくまでの話がメインという・・・。
 最初、これ子どもどうなんだろう?と思いましたが、本人楽しく読んでました。 
 わたしはManaが楽しきゃいいのでOKです。

 最後ワークブック

 わーくぶっく

 もじとかずの二冊
 これが決めてといってもいい。
 これがとってもいいのです。
 公文とか市販のワークブックはなぞりがきは、Manaもできても、かずとか切ってみようみたいなものでも、数枚やると突然できなくなる。Manaの感じだと突然ハードルがあがったようにできなくなるんです。そういう途中でできなくなるワークブックが数冊のこってますが。この二冊は、二歳から四歳むけあって、スモールステップというかゆっくりすすんで、ひとつのこと(たとえばとけい)を一週間ぐらいつづけてやってだんだん難しくなるのですが、ひとくぎりつくと一回おわって、つぎは計算 一週間つづけて つぎはめいろ みたいなかんじで続きます。だから、そのとき時計ができなくても、またひとまわりして数ヵ月後に同じような問題をやることができるというかんじでした。ぜんぶできるようになりました。とはいきませんでしたが、同じことを何度も何度もくりかえしたので、Manaあってました。

 本当におせわになりました

 今度は もっとはっぴぃタイムに移ります

 ありがとうございました

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

[2011/10/12 19:04 ] | 教材 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。